【SAT対策 受験マニュアル】SAT Math(数学)試験概要を徹底解説

sat003

SAT試験の数学テストはSAT Mathと呼ばれ、一般の数学の試験に加えて様々な実用的な応用問題が出題されるのが特徴となっています。そのため1つの公式に関しても様々な角度からこれを利用し、日常社会で有効に利用できるような習得の仕方をしておくことが必要となります。特に問題の傾向として複数の段階を経て答えを導く形となっているものが多く、一度計算をしただけでは答えが十分に導けないものが多いので、この点に注意をすることが必要です。

この記事ではSAT Mathの特徴を詳しく解説していきます。

SAT Mathの主な特徴を解説

【回答形式】
SAT Mathのほとんどが複数の選択肢から答えを選ぶ形式となっていますが、中には自分で問題を解き回答を記入するものもあるため、様々な問題に対応できる力をつけておくことが必要となります。電卓を使用できる場合もありますが使用できない場合もあるので、自分で手計算で確実な答えを導くことができるようにしておくことも大切です。また1つの計算に関して2つ以上の答えを導く形式のものもあり、そのパターンが1つだけではないので、いろいろな角度から学習をしておくことが必要です。
また回答形式で特徴的な方法にGrid-In形式と言うものがあり、これは答えの数字を直接回答用紙に記入していく方式で、一般的な答えを選ぶマークシートとは異なるので注意をしなければなりません。数字を直接増の中に書き込み、その部分をマークで塗りつぶす方式であるため、その記入の仕方を習得しておくことも正確な回答を行うポイントとなっています。

【問題量が多いので迅速な計算能力が必要】
SAT Mathでは問題の量の多さと複雑な計算を迅速に行わなければならない能力が問われることが多くなっています。そのため問題に対して最も適した方法で早く回答することが必要となり、じっくりと計算をしていたのでは時間内に答えを導くことができない場合が少なくありません。その計算の方法のヒントが問題の中に隠されている場合もあるので、これを素早く読み取り、最適な方法で計算をして答えを導く能力が必要となります。

【SAT Math 問題の特徴】
SAT Mathで特徴的なのは日常生活で必要となるような問題が出題されることも多くなっています。一般的に大学の数学の試験問題は一定世界ではあまり起こり得ないような過程のもとで計算式を利用し答えを導くものが多いのですが、SAT Mathでは日常の様々なシチュエーションの中で答えが必要となる場合が少なくありません。そのためどのような公式を利用すれば良いか分からないようになっていることが多く、いろいろな計算の方法が想定される場合もあります。
しかし、最も適した公式を利用し迅速な計算を行わないと答えを導くのに時間がかかってしまい、時間切れとなってしまうことも少なくありません。またこのような問題の場合にはその答えを導く過程に関する質問も出題される場合があり、最適な計算方法を利用しないとその答えを導くことができない仕組みとなっているものも多いので注意が必要です。すなわち最適な公式を選んで迅速に計算をしないと設問に対しての答えが導けない仕組みとなっているので、この点にも十分に注意をすることが必要となります。

最後に・・・
ここまでの解説を読むと「SAT Mathってどれだけ難しいんだろう??」と思われる方もいるかもしれません。
確かに海外からの帰国生の中にはかなり苦労される方もいますが、その難易度は決して高くなく、基本的に日本で中学・高校の数学を学んできた方には易しいレベルです。
SAT Mathの特徴をつかみ、英語問題をしっかり読見解けるようにすればどなたでも高得点を取る事が可能です。