【就職に必要な英語力とは?】全大学生に伝えたい!就職に英語力は必要!?

  • URLをコピーしました!
大学3年の終わり頃からはじまる就職活動。同学年が一斉に内定を獲得するために動き出します。みなさんは行きたい業界を研究し、応募をするはずです。
入りたい会社の募集要項を見てから、履歴書や志望動機を書いて応募することになりますが、その時行きたい会社に英語力必須と書かれていたらどうしますか?就活解禁日を過ぎてからその事実を知るのはもう遅いです。
もちろん英語力が必要のない会社もあります。しかし現在はグローバル化が進んでおり、英語力が必要と募集に書いていなくても、判断材料のひとつとしている会社もあるのです。
時すでに遅しの状態にならないよう、英語力が必要になる会社や、職種を知り、また持っておくとよい資格についてもご紹介します。
最後にはオススメの英語学習法も載せています。ぜひご覧ください。

転職を考えている方におすすめの記事はこちら
【転職を成功させるカギは英語力!?】転職するにはどんな英語の試験・資格がオススメ?
1か月集中プログラム
英語学校アルプロス
週末集中プログラム
英語学校アルプロス

新卒の大学生に必要な英語レベル

TOEICの運営会社による『英語活用実態調査2019』では、採用の要件・参考にするTOEICのスコアは545点との結果になりました。英検でいうと、2級程度で中級者レベルです。
【企業が求めるスキル】
  • 英語で取引先にメールが書ける、読める
  • 会議の内容が理解出来、話せる
  • 英語で会話ができる
英語力を必要としている会社は、当然入社後に何かしらの場面で英語を使います。
英語を使うのは社内のみという会社や、取引先や客先とも英語で仕事をするという会社もありますね。いずれにせよ、英語を聞き、書くだけでなくスピーキングができることも重要になります。

英語力が求められる職業

ではどのような会社が英語力を求めるのかをご紹介します。業種によっても必要な英語レベルが異なりますので、チェックしてみてくださいね。

1. 商社、貿易、自動車関係

海外へ輸出する会社では、取引に英語を使用します。営業や事務にも該当しますよ。目安となるTOEICのスコアは600点〜900点。
例えば、日産自動車が新卒に求めているのはTOEIC730点あるいは、IELTS/TOEFL(iBT)で同等レベルのスコアです。
伊藤忠商事や豊田通商など、募集要項に「語学力で採用選考が左右されるわけではありません」と記載している会社もありますが、その場合でも入社後に英語力は求められます。
グローバルに活躍している会社を選ぶ以上、英語は避けて通れません。

2. 外資系

外資系は否応なく英語力が求められます。
AmazonではTOEIC700点がひとつの目安とされています。社内文書やツールがすべて英語のため、読み書きできることは必須の条件です。
またネスレ日本では、選考時に英語力は必要ないものの、前向きに英語と関わりたい方が望ましいとされています。
読み書きやスピーキングができて損はありませんね。

3. 旅行会社

旅行会社では入社時に英語力がなくても大丈夫なケースは多いですが、国際旅行のツアーコンダクターになりたい場合に必要になります。将来海外旅行の案件に携わりたい方は、英語を勉強しておきましょう。
英語を話す力はもちろんのこと、国際旅行の手続きやトラブル対応にも対処できるようになっておくとよいです。

4. 客室乗務員や空港職員

海外の人と関わる機会の多い客室乗務員や空港職員(グランドスタッフ)。
JALやANAの客室乗務員はTOEICで最低600点が必要となります。あくまで最低点のため、700〜800点くらいとっておくとよいですよ。空港職員は客室乗務員ほど英語力は求められませんが、搭乗手続き担当者は英語を話す機会が多いです。
英語を使って仕事がしたい!と考えている方は、TOEIC550〜600点は取れていた方がよいでしょう。

英語力はどの試験で示す?

就職試験に必要となる英語力。日本企業では、資格を持って英語力を判断することが多いです。そこで就職試験の際に使える資格をご紹介します。

1. TOEIC

TOEICを運営するETSには、TOEICとは「英語のコミュニケーション能力を公平公正に評価する世界共通の基準」と書かれています。

【TOEICの特徴】
  • 合否ではなくスコアで評価される
  • 世界160ヶ国で実施
  • コミュニケーション能力を評価
日常生活で使う英語から、ビジネス英語まで幅広いシーンでの英語力が求められます。
聞く・読む・話す・書くすべてがテストされるため、多くの企業がTOEICの点数を指標としています。

2. 英検(実用英語技能検定)

英検は日本英語検定協会が主催しており、文部科学省も後援している資格です。
【英検の特徴】
  • 幅広い年齢層が受験している
  • 文部科学省が後援している
  • 4技能(聞く・読む・話す・書く)がテストされる
高校入試などでも英検はとっておいて有利な資格のため、ご存知の方もきっと多い資格です。英検は問題の質にこだわっており、試験問題は社会で求められる実用英語を出題しています。ちなみに英検1級を持っていると通訳案内士試験の一次試験が免除されるそうですよ。
企業担当者にも認知度が高い英検。取っておいて損はない資格です。

3. 日商ビジネス英語

日商ビジネス英語は、商工会議所が催している資格。貿易事務に就職希望の人や、英語でメールを送ったり、ビジネス文書を作成したりする人にオススメです。
【日商ビジネス英語の特徴】
  • 海外取引の基礎が身につく
  • 英語での文章の書き方が身につく
  • ビジネスシーンで使う英語が身につく
試験は択一式と、記述式があります。1級は記述式が中心で、英文書の作成や英文の解釈分析記述試験も受けなければなりません。
貿易関係の仕事につきたい方は、こちらも取得しておくとよいでしょう。

就活に使うならどの資格がオススメ?

英語の資格を3つご紹介しました。「じゃあどれを受ければいいの?全部は受けられないよ」という方もいらっしゃいますよね。
就職活動では、ひとまずTOEICを受験しておけば間違いはありません。応募の段階から英語力を求めている企業は、そのほとんどが募集要項にTOEIC何点以上と書いています。TOEICで高得点を取れるようにしましょう。

大学生の間に英語の対策をしよう!

楽しい楽しい大学生活。みなさんは大学の勉強にアルバイトに忙しいことでしょう。しかし、大学生活の終わりに就職活動でヒヤヒヤしないためにも、少しずつ英語の勉強をしておくことをオススメします。
特に、TOEICは合否の判定ではなくスコア表記です。就職活動が始まる前にできる限りよいスコアをとっておくとよいですよ。

早めの対策を!就職で有利になる英語を身につけよう!

英語力は周りがすべて英語の環境にない限り、短期間ではなかなかあがらないものです。就職活動をはじめる時点で資格を取得しておいた方が安心ですよ。
また資格を持っていてもビジネス英語を読めたり話したりできないのであれば、あなたは仕事で辛い思いをしてしまいます。
机上の英語だけではなく、生きた英語を実践で身につけることが、入社してから輝くためには重要ですよ。
  • URLをコピーしました!