【短期集中英語学習】短期集中英語学習のメリットと注意点とは?

  • URLをコピーしました!
1か月集中プログラム
英語学校アルプロス
週末集中プログラム
英語学校アルプロス

1. 短期集中学習の効果

近年国内でも増加傾向にある短期集中プログラムは海外留学に由来するところが大きいです。
当然ではありますが、海外の英語学校ではその先に海外でのお仕事や大学や高校への進学、現地での生活につなげるために短期集中でその礎をつくるために学んでいます。
つまり短期集中では学習後の英語経験を吸収しやすくするベースをつくることが重要です。
そこで重要になるのが英語4技能の統合学習です。近年文部科学省の入試改革でも同学習法が重要視されているように話す・聞く・読む・書くを実践的に連動させてそれぞれのトレーニングが他の技能に影響して学習していく手法が短期集中での学習では効果的です。

【就職、転職に必要な英語力の記事もあわせてお読みください】
【就職に必要な英語力とは?】全大学生に伝えたい!就職に英語力は必要!?
【転職を成功させるカギは英語力!?】転職するにはどんな英語の試験・資格がオススメ?

2. 英会話だけの短期集中では効果が得られない

前述のとおり短期集中学習では英語4技能を実践的に学習することが効果的です。
逆に言えば「英会話だけ」や「文法や単語学習」のみを一定期間に詰め込むような短期集中学習では効果は期待できません。
それは、日本における受験勉強が実践英語で効果を発揮していないことを経験されている多くの日本の英語学習者の方はお分かりになると思います。
狭い学習範囲で構いませんので「話す・聞く・読む・書く」を連動させて実践的に「使える」といった「成功体験」を生み出すことが、その後の英語経験を吸収しやすくさせるのです。

3. コーチングの短期集中では効果が得られない

近年日本ではコーチング・スクールの台頭が目立ちます。
前述のとおり英語4技能を連動させた実践的なトレーニングによる成功体験の構築が短期集中学習ではもっとも重要視すべき要素となります。
自学自習に重きを置いて、英語を実践的に使うトレーニングがほぼないコーチングはむしろ長期的な学習に向いており短期集中学習には不向きと言えます。
自学自習はもちろん英語学習において大切ですが、短期集中学習では理論ではなく、本来人間が元々持っている言語能力を自然に引き出してそのコア(核)を構築するプラクティカル・トレーニング(実践トレーニング)が向いています。

4. プラクティカル・トレーニングによる成功体験とは

短期集中でのプラクティカル・トレーニングを成功させることで需要な要素が3つあります。
それは「予定調和ではないこと」「失敗をすること」「能動的に学ぶこと」です。
学校教育の最大の問題点は文法など決まった理論を理解することをカリキュラムの主体にしているところにあります。その予定調和な学習方法では言語能力を引き出すことが難しく実践力を向上させることが難しくなります。
そして、当然ながら予定調和の授業では失敗をすることがありません。誰しも失敗することは嫌なことですが、この失敗を正されたり矯正されることが脳に刺激を与えて言語能力が引き出されます。これがノーティシング・イベントといって言語の引き延ばす上で重要なファクターとなります。
このトレーニングが受動的ではない能動的な学習への取組みを生み、自動的に英語4技能を実践的に吸収していける循環につながるのです。これらの成功体験を構築することが短期集中で学習する最大の効果となります。

5. まとめ

短期集中で学習することは非常に大きな成果を上げることができますが、やり方を間違えると費やした時間に対する成果が大きく変わってきてしまいます。
明確な決まった学習項目を理解していくことは一見分かり易く効果が上がっているように見えますが結果的に実践力はあがりません。
学習範囲を狭めて、英語4技能をバランスよく連動させる実践トレーニングにより、予定調和でない環境で失敗を訂正・強制されながら能動的な学習を促していくスタイルは時間がかかるため短期集中の学習でしか確立することができません。
ぜひ正しいやり方で短期集中学習を成功させてください。
  • URLをコピーしました!