【ACT対策 受験マニュアル】ACTってどんな試験?試験概要と申込方法を徹底解説

ACTとはAmerican College Testingの略で、アメリカの大学進学希望者の基礎学力を測る共通テストです。
同じ共通テストにSATがありますが、国内ではSATほどメジャーでないかもしれません。
本記事では、最新情報に基づいたACTの試験概要について詳しく紹介していきます。

1. ACTとは?

ACT(Scholastic Assessment Test)とは、アメリカの大学進学希望者を対象とした試験です。米国以外の国も含む世界各地で実施される共通試験を受験し、そのスコアを志望大学に提示します。
SATと同様に、アメリカの大学の合否判定に用いられる書類のうちの、重要な要素のひとつとなります。
もちろん、高校の成績や推薦状なども加味して合否が決定されるため、ACTが何点以上あれば合格というような明確な線引きがあるわけではありません。

ACTは、日本を含む海外では年に7回行われています(2021年8月現在)。
試験は複数回受験が可能です。
最新のACT試験日程については、こちらを参照してください。

ACTの公式ページはこちら(外部リンク) → https://global.act.org/content/global/en.html

2. ACTの試験概要

ACTの科目と具体的な試験内容、時間、配点は以下の通りです。
科目試験時間スコア
English45分1~36
Math60分1~36
Reading35分1~36
Science35分1~36
Essay Writing※40分
※ Essay Writingはオプションになります
ACTスコアの算出方法
ACTのスコアはまず4つの科目それぞれのRAWスコアが1~36のスケールに換算されます。そしてその4つの科目のスコア平均がACTスコアとなります。なお、ライティングはオプションなのでACTスコアには考慮されません。
ACT試験は全て選択式の問題となります(4択か5択)。
科目を見ると「Science」という見慣れない科目があります。
「Science」という科目があるのがSAT試験との大きな違いと言えるかもしれません。

3. ACT試験とSAT試験について

一般的に日本では共通テストとしてSATを受験する方が多いですが、米国の大学ではSATとACTを分け隔てることなく取り入れていますのでどちらの試験を受験しても問題はありません。
ただ、ACTには「Science」というSATにはない科目がありますので、自分にあった試験を選択する事になります。

コロナの影響で大学が共通テストを考慮しないと発表したりと状況は常に変化しています。特に2022年度以降の出願を考えている方は、出願先の大学の受験情報をしっかりと確認するようにしてください。
ACTが使える大学
AC公式HPによると全米全ての大と225以上の海外の大学で取り入れられています(2021年9月現在)

4. ACTの申込方法

ACTの申込はユーザー登録をしていないと行う事ができません。
ユーザー登録を行うと試験を受ける以外にもオフィシャルのACT Free Online Tests(次の項で説明します)を受けたり、試験予定を確認したりする事ができますので、まだ受験未定の方でもとりあえず登録しておいた方がいいでしょう。
STEP
以下のACT公式サイトにアクセスし、まずは登録を行ってください。
ACTの公式ページはこちら(外部リンク) 
STEP
登録を行うとACTが販売しているカタログページが閲覧できるようになります
商品カタログページはこちら (外部リンク)
このカタログページにあるACT Testを選択すると申込が始まります
STEP
申込の所要時間は約30分で、登録に必要なものは以下の通りです
  • クレジットカード
  • 学校の情報(学年や在籍コースの情報:申込者が本人なら問題はないと思います)
  • 写真(後からアップロードしてもOK)
STEP
日本国内のテストセンターは東京と沖縄の2カ所
申込の際にテストセンターを選択しますが、現在日本国内でACTを受験できるのは東京四谷のテストセンターか沖縄にあるOkinawa Christian Schoolのいずれかになります。なお、それぞれの会場で海外の試験日程通りに全ての試験が開催されるわけではないので注意が必要です。
STEP
試験の費用とオプションのライティング選択
試験料は $168.50、オプションのライティング費用は $20.00となっています。

5. 是非利用したいACT Free Online Testsとサンプルページ

ACT公式HPでユーザー登録すると商品カタログページにある「ACT Free Online Tests」が利用できるようになります。
ACT Free Online Tests
上の画像にあるように、ライティング以外の4つのパート(English、Reading、Mathematics、Science)の練習問題を受験する事ができます。テストは時間を測って行うまたは行わないの選択ができます。
また試験問題がどのようなもの確認するために各パートのサンプル問題を集めたサンプルページもあります。
あわせてこちらのページも参考にしてください(英語サイトになります)。

ACT試験のサンプルページはこちら(外部リンク:英語サイト)
目次
閉じる