【アメリカ大学】留学するために必要なGPAとは?GPAの計算方法・必要スコアも紹介

「アメリカの大学入学には『GPA』が必要って聞いたけれど、一体なんのこと?」
「高校の成績証明書にはGPAなんて載っていなかったけれど、自分で計算できる?」

アメリカの大学に入学するためには、高校の成績証明書の提出が求められます。
簡単に言うと、「GPA」とは高校の成績をスコア化したものです。
GPAは、合否判定の要素のひとつとなる、非常に大切な数字となっています。

1. アメリカの大学留学に必要な「GPA」とは「成績の平均スコア」のこと

GPAとは、” Grade Point Average”の略です。
つまり「学校での成績の平均値」のことですね。
アメリカの大学に入学する際には、合否判定に必要な書類として、高校3年間の成績が求められます。
3年間の成績をわかりやすく平均して数値化したものが、GPAということです。
もちろん、GPAのみで合否判定が行われるわけではありませんが、生徒の学力・能力を把握するための一つの大きな判断材料として用いられます。

2. 日本の高校におけるGPAの計算方法

日本の高校では、GPAが成績表に載ることは多くありません。
そのため、自分のGPAを知りたい場合には各自で計算する必要があります。
早速、GPAの計算方法を見ていきましょう。

まず、アメリカの成績評価は A、B、C、D、F の5段階となっています。
各評価に対して、A は4ポイント、B は3ポイント、C は2ポイント、D は1ポイント、F は0ポイントと、それぞれ評価点が与えられます。

日本の高校で4段階の評価がつけられている場合は、以下のように評価点に換算します。

アメリカの5段階評価※
成績評価/評語(Letter Grade)
得点率(Percentage)
評価点(Grade Point)
A(excellent) 90~100 4ポイント
B(good) 80~89 3ポイント
C(average) 70~79 2ポイント
D(passing) 60~69 1ポイント
F(passing) 0~59 0ポイント
日本の4段階評価※
成績評価/評語(Letter Grade)
得点率(Percentage)
評価点(Grade Point)
優またはA 80~100 4ポイント
良またはB 70~79 3ポイント
可またはC 60~69 2ポイント
不可またはD 0~59 0ポイント

GPAは、上記のように換算されたポイントを、以下の計算方法にて算出します。

GPA =( 科目の単位数 × ポイント )の合計 ÷ 総単位数

1つの例として、以下のような成績をとった人のGPAを算出してみましょう。

(GPA計算例)
科目 成績 単位数 ポイント 合計(単位数×ポイント)
英語 A or 優 4 4 16
国語 A or 優 4 4 16
数学 B or 良 3 2 6
化学 C or 可 2 4 8
歴史 D or 不可 0 4 0

上記のGPAは、以下のようになります。
GPA = (16 + 16 + 6 + 8 + 0 )÷18 = 2.55

上の表と式を参考にしながら、自分のGPAを計算してみてくださいね。
(※日米教育委員会HPより引用:https://www.fulbright.jp/study/schedule/step4_01.html)

3. アメリカの大学に留学するために必要なGPAスコアの目安

アメリカの大学入学のために必要なGPAは、レベルによって様々です。

日本の4段階評価※
大学
必要GPA目安
トップ大学 3.7〜
4年制大学 2.0〜
コミュニティカレッジ 特になし

トップ大学は、やはり成績優秀な生徒が多く出願するため、GPAに関しても3.7以上が目安とかなり高いスコアが要求されます。
また、もちろん大学によって様々ですが、4年制大学においてはGPA 2.0というのが一つの最低ラインになっています。
コミュニティカレッジは、成績の提出は求められるものの、基準値は設けられていないということも多くあります。
高校入学時から、全ての科目において手を抜かず、いい成績をキープすることが希望大学の合格への第一歩となります。