【オーストラリア&ニュージーランド大学】留学するメリット

オーストラリアとニュージーランド大学留学を選んで得られるのメリットを紹介

留学先として人気の高いオーストラリアとニュージーランド
どちらの国も英語圏ということで、アメリカやイギリスと並び日本からも多くの学生が留学をしています。

この記事ではそんなオーストラリアとニュージーランドの魅力を紹介しつつ、各国の大学に留学するメリットを解説していきたいと思います。

「海外留学に行きたいけどどこに行くか迷う…」

という方は必見です。

1. オーストラリア大学留学のメリット

オーストラリアといえば何を思い浮かべますか?カンガルーやコアラ、グレートバリアリーフなどの大自然を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

確かにそれもオーストラリアの大きな魅力の一つです。その他にも国際色豊かで質の良い教育が受けられる点などが挙げられます。まさに大学留学をするにはもってこいの環境です。

1.1 世界有数の多民族国家

オーストラリアは4人に1人は海外にバックグラウンドを持つと言われており、世界有数の多民族国家です。その人種は多彩で、世界200ヵ国からの移民が生活しています。

近年日本でもグローバル化が進み、国際的なマインドセットを持つことが非常に重要視されるようになってきました。様々な文化が共存する中で暮らすことは、単に語学を学ぶだけでなく国際的なバランス感覚を養うにはオーストラリアは理想的な環境と言えるでしょう

またオーストラリア人は外国人に対しても非常にフレンドリーなので、海外が初めてという方でも安心して生活することができます。

1.2 教育水準が高い

世界の大学ランキングでは、オーストラリアの多くの大学がランクインしています。
世界大学ランキング2020(The World University Rankings 2020)では、トップ100までに6つの大学がランクインしています。
ちなみに日本は2校しかランクインしていません。いかにオーストラリアの教育水準が高いかが窺えると思います。

またオーストラリア国を挙げて教育水準を管理しており、各大学の格差が少ないことも特徴の一つです。日本のように教育格差が少なく、どの大学でも質の高い教育を受けることがが可能です。

1.3 世界で最も住みやすい国

英誌「エコノミスト」の「世界で最も住みやすい都市ランキング」ではオーストラリアの都市の多様性や教育水準の高さ、更に犯罪率の低さが高く評価され、常に上位を占めています。

昨年はアデレード、シドニー、メルボルンの3都市が上位10位にランクインしており、その住みやすさは世界中が認めるほどです。
またメルボルンやシドニーは世界的に見ても大都会で、常に様々なイベントやアクティビティが盛んに行われています。またおしゃれなレストランやカフェが多いのも特徴的です。都会的な雰囲気の中で勉強できるのも、非常に嬉しいですよね。

2. ニュージーランド大学留学のメリット

ニュージーランドはオーストラリアの西に浮かぶ小さな島国です。
オーストラリアと共通している部分もありますが、ニュージーランドならではの魅力にあふれています。
ニュージーランドはオーストラリアよりも自然が多く、ゆったりと時間が流れます。自然に囲まれて生活したい人や、落ち着いた環境で勉学に集中したい人におすすめです。

2.1 広大な自然

ニュージーランドの魅力はなんといっても自然の豊かさです。人間の数より羊の数の方が多いと言われるほど、大自然がのびのびと広がっています。熱気球遊覧やラフティング、洞窟探検など自然に囲まれた中でのアクティビティは、一生の思い出に残るでしょう。
また東京のようにガチャガチャしていないので集中して勉学に取り組むことができます。
誰にも邪魔されず、勉強に打ち込みたい人にはまさにうってつけです。

2.2 安全で住みやすい

ニュージーランドはその治安の良さが有名です。

さらに最近では、コロナウイルスに関する政策が高く評価され世界でも注目されました。フォーブス誌が発表した「世界安全な国ランキング」では2位にランクインしています。

またニュージーランド人は温厚で楽観的な性格といわれています。外国人に対しても寛容で理解のある人が多いので、何かあった時は周りの人が助けてくれるので安心して大学に通うことができます。

2.3 生活費が安い

英語圏の国々は生活費が高いことがデメリットに挙げられることが多いです。
特にアメリカやイギリスなどは学費や生活費を含めると、莫大な費用になってきます。
ニュージーランドは英語圏でありながら、生活費や学費は比較的安く済むというメリットがあります
らに留学生のアルバイトも認められています。最低賃金も高く金銭的な面でかなり助かります。他の国ほどお金の心配をせずに留学できるのは非常にありがたいことです。

3. まとめ

本記事ではオーストラリア大学留学とニュージーランド大学留学のメリットをそれぞれ3つずつ紹介しました。
自分の好みに合わせて国を選んでみてください。
オーストラリア・ニュージーランドの大学出願方法の詳細や英語力や費用については別の記事で解説しているので、そちらをご参照ください