【語学留学】おすすめの国は?国別の費用やメリット、デメリットを紹介

世の中のグローバル化に伴って、英語をマスターする必要性が高まっています。そのため英会話スクールに通ったり、教材を用いて勉強したりする人が増加中です。しかし使える時間が限られていることもあり、希望通りの成果を得られないないケースも珍しくありません。そこでポイントになるのは、長期休暇は有給休暇などを利用して一定期間じっくりと勉強することです。ただし、時間が長くなっても教材を眺めているだけでは大した効果を得られないでしょう。
効率よくレベルアップを図るなら、語学留学をして英語に囲まれた生活を送りたいところです。

1. 語学留学の費用は?

語学留学をすると決めた場合、他にも考えなければならないことがあります。外国であればどこでも構わないというわけではないのです。現実問題として、国内で学ぶケースよりも費用が高くなることが挙げられます。たとえば、1週間行くだけでもアメリカの場合は10万円前後かかります。9万円ほどで済む場合もありますが、15万円近くかかることも珍しくありません。カナダは少し安いですが、それでも10万円前後はかかるでしょう。オーストラリアやニュージーランドも同様であり、8万円以上かかることを想定しておく必要があります。この二国であれば前者のほうが少し高く、12万円ほどであることも多いです。

当然ですが留学期間が延びれば費用も高くなっていきます。たとえば1年間滞在するのであれば、アメリカの場合は200万円以上はかかることになり、400万円を超えることも十分にありえます。その他の国に関しても、やはり200万円を上回ることは念頭に置いておかなければなりません。とはいえ、社会人が1年も休むことは難しいでしょう。現実的にはせいぜい1カ月が限度であり、その場合のアメリカは30万円前後で他の国は最高で30万円ぐらいです。フィリピンや韓国といったアジアは他の地域よりも安く、10万円台で足りるケースも多く見受けられます。ですから予算面を重視するならアジアを選ぶのも一つの手ですが、純粋な英語を学ぶのは難しいこともよくあります。あくまでも母国語であるフィリピン語や韓国語などを学習したケースに選択するのが得策です。

2. 語学留学先の国の特徴

また、国別のメリットやデメリットを把握してくことも忘れてはいけません。

アメリカのメリットは、やはり経済や政治をはじめとして多くの分野で最先端の実感を持てることです。それとも関係しますが、世界に誇るハイグレードな大学がたくさん存在しています。つまり各国でエリートと呼ばれる賢い学生が集まっているのです。その中で学べる機会に恵まれると、必然的に学習内容も洗練されたものになるでしょう。さらに、多様な国籍の人がいることもメリットであり、いろいろな文化に触れられることが魅力です。刺激を受けてモチベーションが高まるだけでなく、将来的に役立つ可能性のある国際的な人脈を築けます。
デメリットは上述のように費用が高いことで、治安の良くない場所が目立つことも問題です。そして、意外に感じる人が多いですがワーキングホリデーの制度がありません。したがって、労働者としての立場のままで留学するのは困難なケースもあります。

カナダのメリットは全体的に治安が良いことです。しかもアメリカと比べると費用が安いので、ゆったりとした気持ちで余裕を持って留学しやすくなっています。教育のレベルが高いことでも知られており、コストパフォーマンスにおいて非常に優れているのです。訛っていない英語を話す人が多いので、自分のスピーキングに癖を付けたくない場合にもうってつけです。アメリカと違ってワーキングホリデーの制度があるため、労働をしながら留学することも難しくありません。
一方、カナダのデメリットとしては日本人の多さが挙げられます。そのため、環境によっては異国ならではの刺激を受けにくいケースもあるでしょう。ホームステイに陥って日本人ばかりで集まってしまうと留学の意味がありません。冬の寒さが強烈であることもデメリットといえます。厚着をしても外に出るのがつらい日も多く、活動が制限されて学びにくいこともあるのです。

日本人が少ないところで、しっかり高水準な勉強をしたいならイギリスがおすすめです。欧州の伝統的な文化に触れられますし、周辺諸国も安い費用で訪れられます。文化的な背景を実感しながら学ぶことで、目的の言語を効率よく定着させられるでしょう。また、イギリスのデメリットは食事があまり美味しくないことで、グルメな人はつらいと感じる可能性があります。ブリティッシュ特有の英語が使われているので、そちらが自分のベースとなってしまうケースもあるでしょう。将来的に欧米で活躍したい人にはデメリットとして働くかもしれません。ワーキングホリデーの制度はありますが、年間の人数に上限がある点に注意しましょう。