【カナダ編】ボーディングスクールの種類とそれぞれの特徴

カナダのボーディングスクールの種類とそれぞれの特徴

カナダは大自然があり、落ち着いた環境で勉強をすることができます。また公用語がフランス語と英語の二つあり、アメリカなどと比べてまた違った勉強をすることができます。それでは、カナダのボーディングスクールの種類や特徴をご説明します。

1. カナダのボーディングスクールの特色

それではカナダのボーディングスクールの特色をご紹介します。

1.1 聞き取りやすい英語

カナダはアメリカ英語に近いです。日本で聞く英語はほとんどがアメリカ英語であることから日本人には馴染みがあります。さらにカナダの英語はアメリカの英語よりもはっきりと発音するため聞き取りやすいことが特徴です。

アメリカの英語は「What are you…」を「ワタヤッ」のように省略していうことが多く日本人二は聞き取りにくいことが多いです。しかしカナダでははっきりと「ホワットアーユー」というので聞き取りやすいです。

同じ聞き取りやすい英語にイギリス英語がありますが、アメリカの英語とイギリスの英語では全く違うフレーズや単語が多いです。たとえばなすのことはアメリカ英語では「Eggplant(エッグプラント)」ですが、イギリス英語では「aubergine(オーバージーン)」です。英語をある程度勉強している人でも、聞いたことがない人もいるのではないでしょうか。

カナダではアメリカでよく使うフレーズや単語を使い、さらにイギリスのようにはっきりと発音するので日本人にとって世界で最も英語が聞き取りやすい国であるといっても過言ではありません。

1.2 大自然に囲まれている

カナダは大自然に囲まれています。オーロラをはじめカナダだからこそ見られるチャンスがある観光地も多くあります。学校によってはカヤックや釣りなどのアクティビティがあることも多くあります。折角カナダに来たからには大自然を堪能したいものです。

1.3 アメリカに近い

日本人がまず最初に思いつく海外といえばアメリカではないでしょうか。実はカナダであればアメリカへは遠くないので、連休などで遊びにいくことができます。例えばバンクーバーであればシアトルまで電車で4時間ほどです。カナダ留学をしつつ、アメリカ観光をすることもできるのです。

1.4フランス語の勉強もできる

カナダは英語だけでなくフランス語も公用語です。そのため多くのボーディングスクールでフランス語の勉強をすることもできます。場合によっては両方とも習得して、卒業するころにはトライリンガルということも考えられます。

そのままカナダの大学へ進んでフランス語を極めてもよいでしょう。

2. カナダのボーディングスクールの種類と特徴

オーストラリアやニュージーランドには以下のようなボーディングスクールの種類があります。

2.1 私立のボーディングスクール

カナダのボーディングスクールの多くは私立であり、日本人が留学する場合はほとんどが私立に入ることになります。

2.2 公立のボーディングスクール

カナダの公立校は授業料がかかりません。しかし授業料以外の住居費などは必要となります。公立校は基本的に寮がないため、ホームステイになることがほとんどです。公立の学校は生徒が多いことが多く、ESLのクラスがないことが多いためマンツーマンで英語のレッスンを受けられることがすくないことを頭にいれておく必要があります。

2.3 男子校、女子校

カナダのボーディングスクールは共学が多いのですが、中には男子校や女子校もあります。カナダ人にアンケートをとったとき、「異性がいない方が勉強に集中できる」といった解答も多く今後男子校や女子校が増える可能性もあります。

2.4 都市部にある学校

カナダの中でもバンクーバーやトロントなど大都市は博物館やテーマパークなど観光地が揃っているため週末などを有意義に過ごすことができます。折角カナダへ来ているのですから、キャンパスだけでなく色々な体験をしたいものです。

また学校の先生が引率してくれて色々な場所へ連れて行ってくれたり、社会(ソーシャルスタディ)の時間に歴史に関連のある場所などにいくアクティビティもあります。

2.5 田舎部にある学校

カナダはスキーやメイプルツリーのイメージがあるのではないでしょうか。田舎部にある学校は豊富な自然に囲まれ、中にはキャンパスすぐ近くでスキーができる場合もあります。カナディアンロッキーに囲まれ、毎週末スキーに行く生徒もいます。また静かな環境で過ごしたい方にも田舎部にある学校がおすすめです。

田舎部の学校は授業料や生活費などを抑えることができるメリットもあります。デメリットは街が遠いことだけですが、構内の施設が充実している学校が多く不自由することはないでしょう。


カナダのボーディングスクールで、IBディプロマ取得を考えている人もいるのではないでしょうか。カナダのボーディングスクールにもIBディプロマ取得ができる学校があります。

IBディプロマとは国際バカロレア機構が認めているプログラムであり、海外の名門校に入る時に有利、もしくは必要になることもあります。