【英検(2021年4月更新)】受験する理由 ~英検の特長とメリットについて~

英語の資格試験というと、必ず挙げられるのが英検ではないでしょうか。
では、その英検とは一体どんな内容なのか、どんなことに活用できるのか、しっかり理解できていますか?
英検は周りからの評価を得やすい資格のひとつであり、また、自分の英語力を把握しながら力を伸ばすことができる資格です。

今回はそんな英検の特長を基本情報とともに簡単に解説します。

1. 英検とは?

英検とは、公益財団法人 日本英語検定協会が運営する実用英語技能検定のことであり、英語コミュニケーションにおける4技能をバランスよく測定するテストのことを指します。

2. 英検S-CBTとは?

英検S-CBTとは、従来の英検の出題形式を取り入れつつ、PCで受験を行うスマートな試験です。
また、2020年度実施していた「英検CBT」が, 「英検S-CBT」に統一されることが発表されました。

英検S-CBTにはこのような特徴があります。

 1. 毎週土日開催で試験日を選べる。
 2. 1日で4技能を受験可能。
 3. 級認定、英検CSEスコアは従来英検と同じ。

3. 英検の特長とメリット

3.1  幅広い年齢層が受験

英検の受験において、年齢制限はありません。毎年多くの方が受験を志願し、年々増加傾向にあります。

出典: https://www.eiken.or.jp/eiken/merit/situation/ (英検公式/ 受験の状況)
3.2 スピーキング力の測定が可能

英語能力の測定においてリスニングスキルとリーディングスキルを測ることは比較的容易であり、様々なテストが実施されていますが、英検は「聞く」「読む」に止まらず、「話す」といったスピーキングスキルをも測定可能にした資格試験であるのが特長です。知識を蓄えるといったインプットだけでなく、実際にそれらを活用するといったアウトプットの力を試すことができるため、英検という資格ひとつで英語力のアピールには十分な要素がそろっています。

3.3 入試優遇・単位認定

英検資格取得者は級に伴う英語4技能が評価され、英語試験や単位認定においてそれぞれの級に見合ったレベルの優遇を受けることが可能です。高校受験や大学受験だけでなく、大学の授業や通訳案内士の試験にまでもスコアを活用できます。このとき、社会で本格的に役立つのは準1級からといわれています。

3.4 レベルに応じて受験が可能
英検の級自体は下が5級から始まっていますが必ずしも一番下の級から順番に受験する必要はなく、自分の現時点でのレベルに応じて受験する級を選ぶことができます。5級を飛ばして4級を受験し合格した場合は、英検4級として評価されることになります。
また、隣接する級のダブル受験も可能です。

英検の公式ホームページでは、過去問を無料でチェックすることができますので、初めての受験の方は必ずチェックしましょう。

英検公式/ 試験内容・過去問  :  https://www.eiken.or.jp/eiken/exam/
3.5 問題用紙の持ち帰りが可能

受験後は問題用紙を持ち帰ることができるため、すぐに復習に努めることができます。また、結果発表後に手元に届く成績表では自分が正解した問題、不正解であった問題が明確に分かるようになっていることから効率よく復習でき、万が一不合格であった場合でも次に向けて十分な対策が可能です。

4. 英検の基本情報

※英検受験料は2021年度4月より改定されました。

●英検
テスト開催頻度:年3回(1月、6月、10月)
受験料 形式 時間
1級 12,600円 マークシート + ライティング 3時間
準1級 10,700円 マークシート + ライティング 2時間45分
2級 9,700円 マークシート + ライティング 2時間50分
準2級 9,200円 マークシート + ライティング 2時間40分
3級 7,900円 マークシート + ライティング 2時間5分
4級 4,900円 マークシート + ライティング 1時間50分
5級 4,500円 マークシート 1時間35分
●英検 S-CBT
テスト開催頻度: 個々人の予定に合わせやすいように試験日が多いので、その中から選択可能。ただし同一検定回内に申し込みできる回数には上限がある。
受験料 時間
準1級 10,200円 2時間15分
2級 9,200円 2時間5分
準2級 8,700円 1時間55分
3級 7,400円 1時間30分
形式: 
 ・スピーキング:ヘッドセットを使用して音声を聞き取り、マイクに向かって話します。                             
 ・リスニング:ヘッドセットで音声を聞き、PC画面に表示される選択肢をマウスで選択します。
 ・リーディング:PC画面に表示される問題を読み、選択肢をマウスで選択します。
 ・ライティング:解答用紙への記述方式かキーボードによるタイピング方式のどちらかを選択します。


2020年以降の英検試験日程については、試験日程一覧ページを参照してください。

5. まとめ

いかがでしたでしょうか。
現時点での自分の英語力に見合うレベルで腕試しができ、またそれを様々な場面で活用することができる点が英検の強みであり、魅力だと思います。
英語4技能において自分がどれほどのレベルにあるのか、気になる方は是非一度受験してみてください。

目次
閉じる