【カナダ大学】出願に必要な書類を全解説

カナダ大学 出願に必要な書類を全解説

カナダの大学は入学時に日本のように試験はありません。
そのかわりに書類を提出して、それらの書類の内容で合否を決めます。
そのため書類が重要になってきます。

それではカナダの大学出願に必要な書類を説明していきます。

1. カナダの大学出願に必要な書類

必要書類は以下のようになります。

  • 大学の入学願書
  • 成績証明書(高校)
  • 卒業証明書
  • TOEFL・IELTSスコア
  • エッセイ
  • 紹介状
1.1 大学の入学願書

大学の入学願書ですが、ますは出願をする時期が大学によって大きく変わるので注意が必要です。
たとえばトロントのあるオンタリオ州は2月であることが多いですが、他の州は地域ではなく大学それぞれが締切日を決めていることが多いです。
また入学願書は直接カナダから郵送されることが多く、時間がかかるので十分に時間に余裕をもっておいてください。
オンタリオ州に関しては、共通の願書となります。

1.2 成績証明書(高校)

原本の他に、英語に訳した成績証明書が必要です。
これはいずれも学校に用意して貰う必要があるため、できるだけ早く学校に相談をするようにしてください。
学校の成績以外にも、課外活動などで表彰された場合、スポーツで優勝した場合などはできるだけ証明できるものを沿えるようにしてください。
エッセイでこの内容を詳しく説明すると、より相手に伝わりやすくなります。

1.3 卒業証明書

卒業をしている場合は卒業証明書、まだ在学をしている場合は在学証明書が必要です。
証明書自体はすぐにだしてくれるでしょうが、英語に訳したものが必要です。

1.4 TOEFL・IELTSスコア

TOEFLはカナダの大学では80~90が目安です。何度でも受講なので、必要な点数になるまで勉強が必要です。
ILETSはイギリスよりの英語であることが特徴で、出願するためには6.0~7.0が必要になります。
またILETSはReading、Writing、Listening、Speakingの4技能の全てで得点がでるのですが、全ての技能において最低点数が設定されている場合もあります。

1..5 エッセイ

エッセイが必要かどうかは、大学によります。
しかしエッセイを重要視している大学も多く、しっかりとした準備が必要です。
また大学によっては、白紙から書いていくところの他に状況設定に対して応えていく形式のエッセイもあります。
つまり決められた答えではなく、どのように考えているかの過程が重要なのです。
エッセイでは英語能力も見ていますので、文法などに気を付けて書くようにしてください。

1.6 紹介状

高校の先生に紹介状を書いてもらう場合もあります。
そのため普段から先生とよくコミュニケ―ションをとって、留学が決まった時点で相談をしてく必要があります。先生に成績以外にも学校での活動や取り組む姿勢などが評価されることを伝えておくとよいでしょう。

1.7 奨学金申請書類

カナダはアメリカほど奨学金制度が発達しているわけではないのですが、全くないわけではありません。高校の成績が良ければ、奨学金の対象になることもあるので早めに確認をしていくようにしてください。
また出願をする時に、財政証明書が必要になることが多くあります。

カナダの大学は日本のように入試がなく、全てが成績証明書やTOEFLのスコアなど書類によって決まります。
そのため十分に何度も確認をして、間違いや出し忘れがないようにしてください。
また出願祈願は大学によって決まっていることが多いため、期限を超えていたということがないようにしてください。