【アメリカ大学】留学するメリット

flag-usa

アメリカ大学留学を選んで得られる、「英語力以外」のメリット4つを紹介

ユニクロの社内公用語の英語化、小学校での英語授業の必修化など、日本でもグローバル化が叫ばれて久しいですね。

日本の高校生の進学先も、国内大学だけでなく、海外大学にまで選択肢が広がっています。英語圏かつ数多くの大学があることから、アメリカの大学への進学を検討している人も多いのではないでしょうか。

アメリカの大学へ留学するメリットは、英語が身に付く以外にも、以下の4つの大きなメリットがあります。

1. 多国籍の環境・積極性が重視される授業で視野が広がる

あらゆる学問分野でトップの水準を誇るアメリカの大学には、世界から優秀な学生が集まってきています。彼らと一緒に授業を受け、寝食をともにしながら過ごすことで、様々な文化や考え方を知ることができます。時には意見が対立することや、日本の常識では受け入れられないようなことも起こるかもしれません。

しかし、その経験を通じて「相手の立場に立って物事を考える」という、この先どんな職業に就いても必要になる力を確実に身につけることとができます。

加えて、アメリカの大学の授業では積極性が非常に重視されます。
多くの授業ではディスカッションが取り入れられ、発言しないと「理解していない」とみなされてしまうため、嫌でも積極的に話す力が身に付くでしょう。

授業を通して「自分の頭で物事を考えて論理的に発言する」というトレーニングを積めるのです

2. 専攻は入学後にゆっくり決められる

アメリカの4年生大学では、入学時に専攻を決めておく必要がありません。はじめの2年間は「一般教養科目」と呼ばれる授業を履修して、文理関係なく広い分野を学びます。
そして、3年次になる際に、一般教養で学んだ分野の中から興味のあるものを専攻科目として選択します。

日本の大学では、学部ごとに入試が分けられていることがほとんどですね。しかし、高校3年生の段階では、「自分が本当に何を学びたいか」ということがわからないという人も多いのではないでしょうか。
高校で習う5教科には興味がなかったとしても、大学で本当に学びたいと思える分野に出会うかもしれません。

本当に興味のあることを、ゆっくりと決められるのはアメリカ大学進学のメリットです。

3. 専攻を2つ持つことができる

3年次に決める専攻は、1つでなければいけないわけではありません。
「ダブルメジャー」といい、例えば「哲学とプログラミング」など、異なる2つを専攻することができます。
また、「メジャー・マイナー」といい、「ダブルメジャーにするほどではないけれど、学びたい分野が2つある」という場合には、授業履修の比率を変えて主専攻(メジャー)副専攻(マイナー)を組むこともできます。
例えば、「興味がある哲学をメジャーにして、就職のためにプログラミングをマイナーにする」ことも可能です。

 

4. 就職先の候補が全世界になる

「アメリカの大学を卒業した」という実績は、その後の人生の選択肢を広くしてくれます。
英語ができることから、就職先は全世界に広がります。
もちろん、日本に帰国することを選んだとしても、その経験は高く評価されるでしょう。
日本でも英語を喋れる人が増えているとは言え、アメリカの大学を卒業したという能力は重宝されるに違いありません。
英語力だけでなく、アメリカの大学で重視される論理的な思考能力や、自分の意見を述べる力は仕事をする上でも役立ってくれます。