海外の中学・高校に留学するメリット、デメリット。留学するには早すぎないの?

海外の中学や高校に留学するメリット、デメリットを紹介

国際化が進むにつれ、子供の将来を考えた場合、進学先に海外の中学や高校を考えている方も少なくないと思います。しかし留学はいつからすればいいのでしょうか?中学・高校からでは早すぎるのでしょうか?

ここでは海外の中学や高校に留学するメリット、デメリットと留学時期に関して詳しくご説明します。

海外中学への留学

日本の高校生の進学先も、国内大学だけでなく、海外大学にまで選択肢が広がっています。英語圏かつ数多くの大学があることから、アメリカの大学へ海外の中学への留学は以下のようなメリット、デメリットがあります。

メリット

①高校ほど英語力を求められない

中学は高校と比べて、それほど英語力を求められません。中学に入ってから、英語を伸ばしていくといったスタンスで問題ありません。

②英語力の向上

中学で留学をする一番のメリットは早い段階で本場の英語に触れることでしょう。英語を勉強する年齢に関しては諸説あり、決して早ければいいというわけではありません。しかし脳は年齢が低い方が色々な事を吸収しやすいのです。

年齢が高くなってから英語を学ぶとどうしても日本語に一旦おきかえがちです。しかし中学生であればまだ英語をそのまま理解しやすくネイティブと同レベルの英語力を習得できる機会が増えるのです。

③卒業後の進路

中学で留学した場合は、そのまま高校、大学と進むこともできますし日本に帰国子女枠などを利用して帰国することもできます。高校、大学に進学する際さらに他の国へ留学する生徒もいます。これは高校留学でもいえることですが若い分さらに選択肢が広まるのです。

デメリット

①異なる文化

文化が日本とは異なるため、戸惑うことも多いでしょう。日本人がほとんどいない地域へ行く場合は、文化の違いに慣れずにホームシックになることもあります。特に中学生であれば違う環境になれるのは容易でないこともあります。

②治安面

年齢に限らず海外に留学する大きなデメリットは治安面への不安です。そのため学校を選ぶ際は特に治安面に気を付ける必要があります。現在ではWEBや観光局などで情報を得ることができます。

中学生だといきなり長期間の留学をする事はおすすめできません。
短期間でいいので、体験留学に参加して家族や日本と離れて生活してみるとよいでしょう。日本の春休みや夏休みなどの期間を利用して研修プログラムなどを用意している学校も多いです。

ハワイなど、比較的日本の食事や本などが揃う場所でまず短期間体験するのもおすすめです。

海外高校への留学

次に海外の高校への留学について、そのメリットデメリットをみていきましょう。

メリット

①視野が広がる

高校生だとある程度日本の文化への理解がでてくることでしょう。しかし留学先では日本とは違う文化に直面するため、異なる価値観を持つ人達の中で学び生活する事により、より広い視野を持つ事が可能になります。

②行動力が身に着く

海外では多くの国が高校生で自立をします。そのため遅刻が多い、宿題を忘れるなどを続けていると「管理ができない」といった判断をされます。そこで自己管理をすることに目覚める日本の生徒が海外では多いのです。

日本では「みなと同じことをすること」と協調性を大事にする傾向にありますが、海外では自主性が求められます。日本にいる間に発揮されなかった「自分から発信をしていく」能力が高まる機会があるのです。

 

デメリット

①途中で辞めた場合

高校留学を途中で辞めてしまい、日本の高校も卒業できなくなると中卒になります。決して中卒が悪いということではないですが、高校を卒業していないとなれない職業も多くあります。専門的な職業であっても資格をとるために高卒の学歴が必要であることもよくあります。

②自主性が求められる

海外ではよくあることなのですが、日本では高校で親元を離れてしかも母国を離れるのは早いタイミングであることは間違いありません。また海外の高校生は日本人以上に独立しています。中学であればある学校側が気を付けてくれるのですが、高校生にもなると一人前の扱いをしてくることが多くなります。

そのため高校生であっても、責任と覚悟が必要です。ここではデメリットに書きましたが、大きな成長をする機会であることは間違いないです。しかし苦労することは覚悟しておく必要があります。

③英語力を求めらる

中学校ではそこまで英語力を求めることは少ないです。しかし高校生にもなると英語力が求められます。ESLのクラスがある場合は別ですが、通常は地元の高校生と同じ扱いになります。言葉が通じないで「コミュニケーションがとれない」「友達ができない」「学校の成績が伸びない」などと孤独感や辛さを感じることがあります。

④費用がかかる

大学でも中学でもいえることではあるのですが、海外留学は費用がかかります。文部科学省による調査では、日本で私立高校に通っても1年間104万円なのです。しかし比較的学費が安い郊外などの学校に通っても1年間で150万ほどかかります。
また寮費や生活費、航空運賃などを加えると多額の金額になります。

 

高校留学をする場合は、願書を出す時点である程度の英語力は必要だと思ってください。日本にいる間に、TOEFLやSSATなどの資格を取得しておくことをおすすめします。多くの高校はこれらの資格と現在通っている中学校での成績証明書が必要となります。

日本の学校で成績を残していないと、海外へいっても通用しないですしまず入学できない可能性があります。高校留学はしっかりと準備をすることで留学生活が成功だったといえるようになるのです。

 

結局中学、高校から留学するのは早すぎるの?

海外に早期留学するということ・・・

ここまで見てきたように海外に早期留学をすることにはメリット・デメリットがあります。しかし英語に早いうちから触れること、日本とは異なる文化に触れ、国外から日本を見るという経験は、国際化の進む世界において、未来を担う学生には大きなプラスとなる事でしょう。

しかし治安の悪さや文化の違いへのとまどいもあるでしょう。

ティーンエイジャーに全てをその場で克復しろというのは容易ではありません。そのため留学する前にしっかりと情報収集を行い、留学先の国や地域の文化を理解し、何より自分にあった学校を選ぶことが重要となります。