【英検】準2級試験概要とレベルを分かりやすく解説 3級との比較

英検準2級と3級では、レベル、問題構成共に違いやギャップを感じる方が多いです。

「英語が得意科目だから中学卒業までに準2級にとりたい。」
「高校二年生になるタイミングで、準2級にチャレンジしてみようかな。」
「資格をとっておけば、就職や進学、推薦の際に履歴書にアピールできるから取ろう。」

など様々な目的で英検準2級を見据えている方がいると思います。

そんな方々に向けてこの記事では【英検準2級】試験概要とレベルの違いを詳しく解説していきます。また英検3級と比較をしながら違いを明確にしていきます

この記事を読むだけで、英検準2級の試験傾向や3級とのレベルの違いがはっきりと分かり、これからどういった項目を中心に対策をしていったらよいかを理解し、効率よく学習できる手助けになることでしょう。

1.  英検準2級試験概要と3級との違い

英検準2級試験概要
測定技能 形式・課題 形式・課題詳細 問題数 問題文の種類 解答形式
リーディング 短文の語句空所補充 文脈に合う適切な語句を補う 20 短文/
会話文
4肢選択
(選択肢印刷)
会話文の文空所補充 会話文の空所に適切な文や語句を補う 5 会話文
長文の語句空所補充 パッセージの空所に文脈に合う適切な語句を補う 5 物語文/
説明文
長文の内容一致選択 パッセージの内容に関する質問に答える 7 Eメール/
説明文
ライティング 英作文 質問に対する回答を英文で書く。 1 (英作文なので問題文はない) 記述式
リスニング 会話の応答文選択 会話の最後の発話に対する応答として最も適切なものを補う (放送回数1回) 10 会話文 3肢選択
(選択肢読み上げ)
会話の内容一致選択 会話の内容に関する質問に答える (放送回数1回) 10 4肢選択
(選択肢印刷)
文の内容一致選択 短いパッセージの内容に関する質問に答える(放送回数1回) 10 物語文/
説明文

引用: https://www.eiken.or.jp/eiken/exam/grade_2/detail.html

英語での面接(約8分)

測定技能 形式・課題 形式・課題詳細 問題数 解答形式
スピーキング 音読 50語程度のパッセージを読む 1 個人面接:面接委員1人(応答内容、発音、語い、文法、語法、情報量、積極的にコミュニケーションを図ろうとする意欲や態度などの観点で評価)
パッセージについての質問 音読したパッセージの内容についての質問に答える 1
イラストについての質問 イラスト中の人物の行動を描写する 1
イラストについての質問 イラスト中の人物の状況を説明する 2
受験者自身の意見など カードのトピックに関連した内容についての質問に答える 1
受験者自身の意見など 日常生活の身近な事柄についての質問に答える(カードのトピックに直接関連しない内容も含む) 1

引用: https://www.eiken.or.jp/eiken/exam/grade_p2/detail.html

準2級試験構成面での3級との違い

①長文の語句・空所補充が初登場
例)

“~~~~~省略~~~~~~.She soon started ( 27 ). She thinks they are very helpful because~~~~~~省略~~~~. (2020年度第1回 英検準2級)
(27) (1) giving him many toys. (2) building a dog house. (3) reading pet magazines. (4) washing him every day.”
引用 https://www.eiken.or.jp/eiken/exam/grade_p2/pdf/202001/2020-1-1ji-p2kyu.pdf

準2級から初めて長文の語句・空所補充が登場します。長文は2つで設問は全部で5問です。ただし内容的には、語彙をしっかり覚えている人だとそこまで苦労はしません。その後に長文も控えていることを考えると、時間配分は意識して挑みましょう

②リスニングの放送が全て一回になる。
リスニングが第一部から第三部までで全て一度のみの放送に変わりました。
そして3級ではあったイラストも準2級からは無くなります

イラストから語彙のイメージができないこと。
一部分の聞こえてきた単語のみで正解を選ぶと間違えることもよくあります。リスニングが苦手な方、学校であまりリスニングテストが無い方は、問題傾向に慣れ、聞き慣れる対策が必要です。

準2級レベル面での違い(3級と比較)

①語彙の数が約3600語にアップ
3級までに必要な語彙数は約2100語だったので1.5倍近くの語彙数をプラスでマスターしないといけません。
大問1の語彙問題の選択肢を見てみると3級との違いを明確に感じられます。

例)
”Jennifer ( 10 ) moving to a new apartment in the city. However, in the end, she decided to keep living in the same apartment. (2020年度第1回)
(1) released  (2) solved  (3) considered  (4) promoted
引用 https://www.eiken.or.jp/eiken/exam/grade_p2/pdf/202001/2020-1-1ji-p2kyu.pdf

例で挙げた選択肢の単語を何個わかりましたか?勉強しないと知らない単語。学校の教科書で習った単語・熟語だけでは、カバーしきれない人も多いです。コツコツと語彙は増やしていきましょう。

②ライティングでの質問が自分への質問では無くなる。
3級までのライティングでは、
“Do you want to study abroad in the future?( 2020年度第1回)
Do you like cooking for your family? (2019年度第3回)″
などと自分に対しての質問でした。

準2級になると
‟Do you think it is important for people to eat breakfast every day?(2020年度第1回)
Do you think it is good for children to watch TV? ( 2019年度第3回)”
などと自分ではなく、一般的な習慣や事柄に対してあなたの意見を聞いてくる問題になります。
Do you think ~?という形は、準2級のライティングにおいて鉄板の聞き方です。
I think/ I do not think +自分の意見。 ⇒ 理由。としっかりと自分の意見を述べ、正しい構成、単語で書ける訓練が必要になります。

準2級はとにかく語彙力を

英検準2級では語彙の難易度にギャップを感じられる方がとにかく多いです。
3級約2100語に対して準2級約3600語になります
ただ一夜漬けで覚えられるほど簡単ではないのでコツコツと自分の単語、熟語力を増やすことが重要です。