英語学校アルプロストップ > メール・マガジン English Discovery Vol.007

メール・マガジン English Discovery


Vol.007 20100909
 
英語学習が楽しくなるメール・マガジン
┌────────────────── ────
│ 英語教育の新たなステージへ アルプロス 提供  
│      [ English Discovery ]        
└───── ─── ─── ───     http://www.alpros.co.jp/
 

★アルプロス公式Twitterこちら! http://bit.ly/alpros100704
 ~ 当校カリキュラムディレクターの英語学習ツィート実施中! ~
--------------------------------------------------------------------
本レターはアルプロスからのご案内を希望されている方へお届しています。
--------------------------------------------------------------------
 
_[新登場]_______________________
 
最短4週間 これだけで完結 ピックアップ・スキル単科講座

9/14・15 開講迫る!
★9月のピックアップ・スキルは・・
1)中・高やり直し 実践英文法・語法(日本人講師)
2)ビジネス・プレゼンテーション(ネイティブ講師)

↓詳しくはこちら↓
http://www.alpros.co.jp/campaign/201109pickupskill/
________________________________________________________
 
 
… Contents ………………………………………………………………
 
#1. 英語学習が楽しくなる! トレーニング法(TOEIC(R)編 第3弾)
   -最終回-

#2. よりナチュラルに話す! 今月のイディオム(ビジネス編 第7弾)
   -おしごと英語 販売スタッフ編-
 
#3.【新登場!】ピックアップ・スキル単科講座 開講のお知らせ
   -開講記念キャンペーン開催中- (9/14・15開講)

#4.【特集】秋開講 1ヵ月集中プログラム(全日制) の効果を検証
   (9/29開講)

#5. その道のプロに聞く! 英語・留学 セミナー情報
 
…………………………………………………………………………………………         

  
#1.
┌──────────────
│英語学習が楽しくなる!
│トレーニング法        
└───────────
 
◆ 今 月 の 課 題
*========*========*=======*=======*=======*=======*========*========*
 
楽天やユニクロが公用語を英語にするという試みをニュースで見ました。
基準はやはりTOEIC(R)のようですので、受験していこうと思います。
 
どのように対策を進めていけばよいでしょうか?
 

◆ 今 月 の 解 決 案
---------------
 
前号から3回連続でTOEIC(R)対策についてご紹介していますが、
今回はその第3回目、いよいよ最終回です。
 
・第1回 試験対策の全体戦略決め(前々号)
※バックナンバー:http://www.alpros.co.jp/mailmagazine/vol005.html
・第2回 リスニングパートの対応戦術(前号)
※バックナンバー:http://www.alpros.co.jp/mailmagazine/vol006.html
・第3回 リーディングパートの対応戦術(今号)

▼トレーニング法
--------------------
【第3回】リーディングパートの対応戦術
--------------------

今回はリーディング・セクションについての準備の仕方をご案内します。
  

●1.時間との勝負!

スコアが思うように伸びない方の多くは、リーディングパートの問題が
最後まで終わっていません。
そのために、出来ない問題に時間をかけ、出来る問題を取り逃がしています。

ただ、問題を解くスピードを上げる練習をするのではなく、1問にかけられる
時間を逆算して、第1回目の戦略でご紹介した「正答数」を意識していく必要
があります。

具体的には・・

・パート5(文法・構文問題)は1問20秒目安。

・パート6(読解問題1)の問題は1セット(1文書4問)2分目安。

※ここまでを20~25分で終わらせる。

・パート7(読解問題2)の問題は長文読解を含めて1問1分目安。 

※最後までを48~50分で終わらせる。


●2.出来る問題を確実に取る

TOEICのリーディング問題は、パートに関わらず

「知識で解ける問題」と「文脈の理解が必要な問題」の2つに分類できます。

そこで・・

コツ1⇒
「文法で解答が導き出せる問題に優先的に素早く対応する」

 ・知識で解ける問題は「出来る」「出来ない」の判断がすぐつきます。      
  出来る問題は1、2秒で解けてしまい、出来ない問題はいくら考えても
  できません。
  まずは、その判断ができるがが重要です。

コツ2⇒
「文脈を理解しないと解答が導き出せない問題は勇気を持って後回しにする」

 ・文脈を理解しないと解けない問題は、単語の知識や、構文の理解など解答するため
  複数の要因がでてきます。
  上記の制限時間内に解答できる場合はよいですが、そうでない場合は早く後回しに
  する判断が必要です。


●3.最大の難関「読解問題」の攻略

多くのTOEIC受験者が読解でスコアを落としています。
読解問題にも前述いたしました「知識と文脈」の判断は必要ですが、パート4と違い
少々判断が複雑ですので、以下の手順を参考にしてみてください。

★読解問題の解答フロー

1.全文訳、理解は不必要(一文一文読んでいる時間はありません。)
2.各長文の種類を把握する(理解しやすい分野・話題、単語が分かる他の判断が重要。)
3.容易な長文から対応していく(パート7の方が比較的容易な問題が多いです。)

さあ、実際に解いてみましょう。前述の制限時間を必ず意識してください。

長文にざっと目を通します。分からない単語などはあまり気にしないでください。
特に「全体のトピックを理解する」ことと「パラグラフごとの概要を理解する」ことが重要
↓
次に設問に入ります。解答に必要なキーワードや趣旨から、必要な情報を本文中から探し出す
↓
選択肢より解答を選びます。
 

●4.トレーニング法

文法、構文、語い、読解力はもちろん必要です。
しかし、それらに特化したTOEIC専門のテキスト(TOEIC頻出単語集など)を
バラバラで学習していくよりは、テストから離れずに、演習問題中心の学習が効果的です。

テキストは、より問題量の多い(過去問題集など)が好ましく、その解答に対して
丁寧に解説されているものがよいでしょう。

その問題を、

・問題集をコピーして「上記の戦略を意識して」解いてみる
・解答を合わせて、解答に必要とされる知識や文脈の理解の不足分をチェック
・解答と関係のない問題全体における不明な語いや文法箇所をマーク&チェック
・コピーを持ち歩いて、マークした語いや文法を覚えて、読解のトレーニングを行う
・再度、同じ問題を「上記の戦略を意識して」解いてみる。

といった手順で練習されていかれることで、戦略性と実践力をつけながら、
必要な知識や読解力をつけていくことができるでしょう。


◆9月の公開テストを受験される方も多いのではないでしょうか!
 TOEICは難問は少なく、対策もシンプルです。
 戦略的に準備することで、皆様がよい結果を出されることを期待しています。
 

^-^・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・^0^
 
★トレーニング法をトライした感想や成果をメールにてお聞かせください!
  いただいたメールから毎月1名様へ抽選で、アルプロス無料受講チケット
  1レッスン分をプレゼントいたします。
  ⇒ご感想や成果はこちらまで!⇒ ask@alpros.co.jp
 
★トレーニングの成果をつぶやく!
  ⇒http://twitter.com/alpros_shinjuku
 
^0^・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・^-^
 

_[最短4週間 アルプロスのTOEIC(R)対策]________
 
最短4週間 TOEIC(R)対策のエッセンスを凝縮
T|O|E|I|C|対|策|サ|プ|リ|申込受付中!
 
10月公開試験を目指す -次回開講日-
■サタデー 10/2開講
■イブニング(毎週火・木)9/28開講
 
★プログラム詳細はこちら★ https://www.alpros.co.jp/toeic2/
 
_____________________________________________________________
 

--------------------------------------------------------------------


#2.
┌──────────────
│よりナチュラルに話す!
│今月のイディオム    
└───────────
 
●今月のテーマ(ビジネス編) - Salesclerk(販売スタッフ)
 
今月より、職業別の代表的なやり取りをご紹介いたします。
イディオムあり慣用表現ありのリアルなやりとりから、
使える表現をゲットしてください。
 
Please feel free to try it on! (ご自由にご試着下さい!)


クリス:Excuse me.
販売員:Yes. How may I help you?
クリス:I'm looking for a jacket for the fall.
販売員:What size are you?
クリス:I don't know the sizes in Japan. In America, I'm a medium.
販売員:Can I measure you?
クリス:Yes, please.
販売員:You are a large. Our large fall jackets are here, and our windbreakers are
    in the back of the store. Please feel free to try on any of our jackets. 
    There is a mirror behind you.
クリス:Thank you.
販売員:Please let me know if you have any questions or need any help.
クリス:OK. Thank you.


クリス:すみません。
販売員:はい、いらっしゃいませ。
クリス:秋物のジャケットを探しています。)
販売員:サイズはお分かりですか?)
クリス:日本のサイズは分かりません。アメリカではミディアムです。)
販売員:お測りしてよろしいですか?)
クリス:はい、お願いします。)
販売員:お客様は、ラージですね。ラージサイズの秋物ジャケットはこちら、
    ウインドブレーカーはお店の後ろのほうにあります。
    どのジャケットもご自由にご試着ください。鏡は、お客様の背後にございます。
クリス:ありがとう。
販売員:ご質問やお手伝いが必要でしたらお知らせください。 
クリス:はい、ありがとう。

[コラム]
クリスさんによれば、日本のジャケットは、ほとんど欧米人には袖が短いとのこと。
セミオーダーで作ったり海外ブランドのものを探すそうです。
服は、国によってサイズの標記が違いますので、積極的に「サイズをお測りしましょうか?」
=Can I measure you? とお声を掛けてみましょう。 

もっと色々な仕事の内容がみたい!! そんな方は・・
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
「しごとの英語」はメールマガジン「まぐまぐ」で発行中!
 定期配信(週1)ご希望の方は、下記よりご登録ください!

http://www.mag2.com/m/0001177410.html
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
 

--------------------------------------------------------------------
 

#3.【新登場!】
┌───────────────
│全8回で必要なスキルをカバー
│ピックアップ・スキル単科講座
└──────────
 9/14(火)・15(水) 開講!!

◎英語学習に予算も時間もかけたくない
◎自分に必要な英語の要素だけを補いたい
◎英語学習のきっかけをつくりたい

必要な技能や弱点補強を、必要なだけ効率的に! 
ピックアップ・スキル単科講座 開講!

■■■毎月変わる!選べる2つのトレーニング■■■

★9月の ≪弱点改善トレーニング≫

『中・高やり直し実践英文法・語法』全8回(1Lesson:50分)
◆日程: 9/14.21.28.10/5(火曜日)
◆時間: 20:00-21:50(2Lesson)
◆講師: 日本人専門講師
◆レベル:TOEIC600点未満・英検2級以下(初心者歓迎)

★9月の ≪スキルベーストレーニング≫

『ビジネスプレゼンテーション』全8回(1Lesson:50分)
◆日程: 9/15.22.29.10/6(水曜日)
◆時間: 20:00-21:50
◆講師:ネイティブ専門講師
◆レベル:TOEIC600点以上・基本的な英会話経験がある方

※レベルはあくまでも目安です。ご不明な点は直接ご相談ください。

◎授業料
1コース(全8回)29,800円
(入学金31,500円免除 / テキスト代込)
 
┌───────────────────────────────────
│                 ●○●○● 開講記念特典 ●○●○●
│
│1)ピックアップ・スキル単科講座 + 1・3ヵ月集中プログラム 並行受講
│  入学金全額免除(通常:31,500円)
│
│1・3ヶ月集中プログラムの詳細はこちら
│【基礎総合】
│ http://www.alpros.co.jp/general/basic.html
│【ビジネス】
│ http://www.alpros.co.jp/general/business.html
│【アカデミック(留学準備)】
│ http://www.alpros.co.jp/general/academic.html
│
│2)ピックアップ・スキル単科講座 + TOEIC対策サプリ 並行受講
│  受講料39,900へ減額(通常:71,400円)
│
│TOEIC対策サプリの詳細はこちら
│ https://www.alpros.co.jp/toeic2/
└───────────────────────────────────

▽詳細およびお問合せはこちら▽
http://www.alpros.co.jp/campaign/201109pickupskill/

▽ご受講希望の方は入学個別相談へお越しください▽
https://www.alpros.co.jp/consult/
 

--------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------
 

 #4.【特集】
┌──────────────
│いよいよ秋開講!
│1ヵ月集中プログラム(全日制) ■9月29日(水)秋学期開講     
└───────────

●日本ではほとんど開講されていない
==================================

海外の語学学校で、よく「Intensive Program」として実施されている全日制の
集中プログラムは、日本の英会話スクールではほとんど実施されていません。

成果の明確な英語教育を提供するアルプロスでは、最も効果的なプログラムと
して1ヵ月集中プログラム(全日制)を提供してきました。

本プログラムは「英語レベルに関わらず」このような方にご利用いただいています。

--------------------------------------------------------------------
・転職活動中や休職して英語でキャリアアップを目指すビジネスパーソン
・海外大学や大学院への留学準備をされている方
・キャリアを上げて職場復帰を目指す主婦やフリーターの方
・会社の指示、命令により通学している方
・就職を目前に控えた大学4年生
--------------------------------------------------------------------

コースは現在、以下のプログラムを平均1クラス3名程で開講中です。

●初級の方でも安心して学べる基礎総合英語コース
 http://www.alpros.co.jp/general/basic.html
●ビジネス・スキルを基礎から実践スキルまで
 http://www.alpros.co.jp/general/business.html
●海外大学・大学院に通用する英語力を
 http://www.alpros.co.jp/general/academic.html

【受講生の声】

今回は会社を退職し、海外大学院留学の道を選択され、今年の6月期生として、
アカデミック・コースで受講されていた 川原武裕様 からのお声を頂戴しました。
(現在、川原様はスウェーデンのルンド大学に留学中です。)

1. 川原様の今回の進路(大学院留学)の詳細(大学名や専攻他)
  また、この進路を選択されたご経緯など

○進学先:ルンド大学(スウェーデン)

○専攻:Lund University International Master's Programme in Environmental
    Studies and Sustainability Science (LUMES)

●留学・同専攻を選択した理由:

前職の業務を通じ、環境問題の解決と長期的な経済的・社会的価値の創出の両立を
いかに達成するか(持続可能性の問題)に関心を持ち、この分野の仕事に携わりた
いと考えるようになりました。しかし、前職ではそれを叶えることは難しく、また私
には同分野の知識・経験がない状況でしたので、一から勉強をし直すことが必要と
考えました。

また、今後世界がさらにグローバル化し、そのような環境で生きていくためには
英語運用能力を含めた、自分自身のグローバル化が必要だと考え、留学を決意しました。

持続可能性の問題を扱う大学院はスウェーデン以外にもあり、増える傾向にあります。
私は大学院を選択するにあたって以下の点を重視し、結果的に同プログラムが
最もそれらに合致していたことから、出願を決めました。

・複雑な持続可能性の問題を理解するための考え方や理論、方法論を学ぶことができる。
・プログラムにおける教育経験が豊富である。
・授業が全て英語で行われる。
・世界各地域から学生が集まる。
・理論と実践の両面で学ぶことができる。

なお、大学院を選ぶにあたり、自分の希望に合致しているかどうかを確認するために、
実際にルンド大学を2度訪問しました。
また、同様のテーマに関する世界各国の修士プログラムを調査した米国AAASの報告書
もレビューしました。


●アルプロスでご受講いただくこととなったきっかけと受講後のご感想

大学院入学前に、奨学金を頂く団体から、語学学校で1ヶ月間集中的に英語の
トレーニングを積むよう指示を受けていました。また、私は同プログラムに進むための
TOEFLの点数基準を満たしてはいたものの、実際に大学院で授業や研究、議論をするためには
現状の英語運用能力が十分ではないと感じていたため、トレーニングが必要だと考えました。

私が語学学校を選択する際に、4つのスキル(読み・書き・聴き・話し)をバランス良く
トレーニングできること、日本人の英語に見られる特徴を理解している講師が採用されている
こと、適度に厳しいこと(学習者にもハードワークが求められること)を特に重視していまし
たが、アルプロスがそれらの点に合致していると考えたことが、同校を選択した理由です。
また、同校には他の多くの学校にはない1か月間集中コースが存在したことも重要な要素でした。

1か月間のコースを終えて特に実感するのは、英語の会話表現に幅が増えたこと、
読み書きが流暢になったことです。日常会話程度であれば以前から英語を話すことができたの
ですが、難解な話題になると言葉がつまり、うまく英語で表現できないことが私の課題でした。

また、日常会話でも表現が画一的で、状況に合わせて表現を変えることができないことも
課題でした。受講する中で毎回課される宿題をこなし、それを毎日講師にチェックして
頂いたこと、間違いを指摘して頂き修正を重ねていくことで、徐々に課題の克服に近付いて
いることを実感しました。

それから、1か月間集中というのも効果的だったと思います。外国語は使わなければ
どんどん忘れますが、使い続ければ蓄積されると思いますので、以前別の学校で
週に1、2回受講したときと比べ、学習した内容が蓄積されたことを実感しました。

大学院では学術的な題材を扱いますし、論文を書き、議論もしていかなければなりませんので、
このような課題を克服していかなければなりません。
その点で、この1か月間の学習は大いに役立つと思います。もちろん今のままで十分ではなく、
今後も長く学習を続けて英語運用能力を伸ばす必要がありますが、
同コースで習得した内容や学習方法が重要なベースになると思っています。


●留学への意気込み、今後大学院留学を目指される方へのアドバイス

留学先大学院での学習と研究は想像以上に厳しいと思います。自分の努力次第でいかようにも
変わると思いますので、自分自身の未来を切り開くという思いで挑戦したいと思っています。

あくまで私の経験上に基づくものですが、今後大学院留学をお考えの方に対して、私は大学院を
選ぶにあたり実際に大学院とその関係者の方にお話を伺うことをお勧めしています。
私は、今回の留学が人生を大きく左右することになると考えていたため、決断までには迷いや
葛藤がありましたが、ルンド大学への訪問は、納得した上で留学を決断するという点で重要な
きっかけとなりました。ホームページのみではわからない点を確認することができること
だけでなく、自分が将来学ぶかもしれない場所に実際に立つことも、目標に向かう意欲を
高めることに役立ったと思います。
納得して進路を決める意味で、一度関心をお持ちのプログラムの担当者にメールを送ってみては
いかがでしょうか。


★プログラムの詳しいご相談は、以下より入学個別相談へ起こしください★
https://www.alpros.co.jp/consult/

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
お仕事や学校で普段忙しい方も通える、3ヵ月集中プログラムも秋学期募集中
イブニング・クラス 10/7(木)開講
サタデー・クラス 9/25(土)迄 レイトエントリー受付中
サンデー・クラス 9/19(日)迄 レイトエントリー受付中

受講に興味をお持ちの方は、アルプロスまでお気軽にお問合せください。
http://www.alpros.co.jp/dateofbegin/
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○ 

-------------------------------------------------------------------- 

 #5.
┌──────────────
│その道のプロに聞く!
│英語・留学セミナー情報     
└───────────
 

●9月ピック・アップ・セミナー
==================================
 
【9月も継続開催決定!!】
 今まで勉強した英語がこれで使える 基礎から見直し!実践英語力セミナー
 
 学校で習った文法や語いはムダではない!重要なことはその「運用力」。
 文法や構文、語いを運用して会話できること、それが英語脳の実態であり、
 日本語を介せず英語でやりとりができる仕組みです・・・
 
 ★詳しくはこちら★ http://www.alpros.co.jp/seminar/#event01

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
スポーツ・ビジネス留学 セミナーシリーズ
9月は「日米スポーツトレーナーの裏側」開催決定!

日米でスポーツトレーナーの経験をもつ
NECレッドロケッツ・コンディショニングアドバイザー
岩崎 由純さん が講師として来校!

その他セミナー情報一覧、参加予約はこちら
http://www.alpros.co.jp/seminar/ 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

--------------------------------------------------------------------
 

--- 高校生・既卒生向け --------------------------------------
mixi[ミクシィ] アルプロスの海外大学進学コミュニティに参加して
進学留学情報をゲットしよう!!
 
http://bit.ly/alpros100709
 
専門カウンセラーや海外学生の先輩からの情報が満載です!
-------------------------------------------------------------
 
  
--------------------------------------------------------------------
★来月の配信は9月下旬を予定しております!お楽しみに。
Presented by ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
英語教育の新たなステージへ アルプロス(新宿駅西口より徒歩2分)
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-12-1 高倉第一ビル5F
Web:http://bit.ly/alpros100601
mailto:ask@alpros.co.jp
tel:0120-312-352
 
◇このメールマガジン配信の停止をご希望の場合は、お手数ですがこちらの
アドレスまでメール(お名前と停止希望の旨)をお送り下さい。
mailto:ask@alpros.co.jp
----------------------------------------------------------------------
Copyright 2010 ALPROS SOLUTIONS, INC. All Rights Reserved.
----------------------------------------------------------------------

			

個人のお客様へ To Personal Visitor

  • 入学個別相談会
  • 資料請求
  • 受講費用一覧
  • 目標達成が見える!「体感プログラム」
  • セミナー情報
  • アクセス

中高生のお客様へ To Student Visitor

  • アルプロス 留学・受験予備校

法人のお客様へ To Corporate Visitor

  • 企業のお客様
  • 教育機関のお客様

一般労働者派遣事業許可番号
般13-301372

DVD講座

このページのトップへ